通訳案内士or通訳ガイド 酒井の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイナミックツアーじゃなくて タイヤリング(tiring)ツアーだった・・・

<<   作成日時 : 2008/04/21 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

昨日は、研修やハローの祝賀会で知り合った仲間で、英語のバスツアーに参加しました。

今回は、当然お客として参加するので、みんな旅行気分でウキウキと浜松町集合

席は満席で、私達以外は、当たり前かもしれないけど外国人ばかり。 
聞いたところでは、ニュージーランド、オーストラリア、アラスカなどから。
中にはボスニア・ヘルツェゴビナからのグループも。そういえば、昔ヤドランカさんという、サラエボ出身の歌手の方(日本在住)にお会いしたことがあり、祖国を心配しているお話を聞いたことを、後から思い出しました。
英語のツアーには、今は特にヨーロッパの方も多いようなので、各国の事情を知っておくことも大事かもしれません。

さて、ツアーが始まり、私達は何と一番前のほうの席。
今回のガイドさん。仮にAさんとしましょう。

しょっぱなから、私達が見ている地図の場所が違うだの、おしゃべりはするな、など何かと口うるさく言ってくるのです。
スケジュールも、八芳園のティーセレモニーに行く時間があるからを何度も繰り返し説明して、東京タワーの滞在はほとんどなかったり、隅田川クルーズの到着が遅れて桟橋で時間30分以上待つことになった時も、あまり説明がなく立ちっぱなしで並ばせていたり。
ただ、この予定をこなすことだけが目的みたいで、(もちろん、それが催行会社としては重要なのはわかるのですが)参加した私達は、疲れるばかりでちっとも楽しくなかったのです。

バスの中で、天皇陛下ご一家とか、ジェネラルな日本の説明はあったのですが、訪れる場所について、
もう少し説明があれば、もっと興味が深まると思うのだけど・・・
東京タワーの高さ333mがエッフェル塔より少し高いとか、茶道はどういう意味があって行うとか、浅草が東京で一番古い寺でとか。
八芳園の見事な盆栽のこと説明すできればきっと、外国人の方も面白かったと思う。
一生に一度来れるかどうかの旅なのに、あれだけ慌しい観光だったのはお気の毒です。
足の悪いご婦人にも、あまり配慮無く、サッサと歩いていました。

Aさんは、私たちがガイドの新人とわかって、いろいろ教示してくれてありがたかったのですが、こういうガイドになろうとは思えないタイプでした。

私が去年書いたブログの方って、まさか・・・

http://kaosaka.at.webry.info/200711/article_4.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです、こんにちは。
先輩ガイドにも色々なガイドさんがいるのですね。通訳ガイドは試験に受かりさえすれば、すべてガイドの裁量で仕事ができるのである意味怖いですよね。(泣) ガイディングはもちろんのこと一期一会の精神を忘れずおもてなしをしないと・・・本当に試験受かった後が本当の試練・・と思います。
むらたたえ
2008/04/21 21:56
むらたたえさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
確かに、怖いですよね。
自分もライセンスをもらっているとはいえ、まだまだ準備不足だと思いますから。
気を引き締めて、勉強しましょう!
かお
2008/04/21 23:51
私も近いうち、研修仲間とバスに乗って勉強するつもりです。でも私たちの場合は、研修でお世話になった先生のバスに乗るつもりなので、こんな事はないと思います。
J社の説明会やその他いろいろ研修で話を聞くと、英語のガイドは余っていて、登録しても仕事の口がかからない人もいれば200日も仕事をする売れっ子もいる、とのことでしたよね。そんな話を聞くと、バリバリでガイドをしている方は、それも花のお江戸の真ん中をガイドしているような人は、さぞ素晴らしいかと思ってしまいますが、そうでもないのですね。
ガイドというのは、本当にお客様によって話す事も考え、常に臨機応変にトピックも変えていかないといけないですね。とにかくいけないのはワンパターンなガイドでしょうね。
それには沢山知識も蓄えて引き出しをいっぱい持つこと、そして最後は、真のホスピタリティが必要という事でしょうね。勉強のためにはよいお手本を見たかったでしょうが、ああはなりたくない、という風に思われたのもよい経験という事で、勉強になったかもしれませんね。
yo
2008/04/22 20:28
ずいぶんと大変なバスツアーに当たってしまったようですね。せっかくの時間とお金が無駄になって憤っていることと思いますが、一つだけ言えるのは、このガイドさんをご自身の反面教師にして、自分の目標を高めていくことでしょうか。。。リンク先の記事も読みましたが、勉強を続けることって大事ですよね、ほんとに。
cananese
2008/04/22 23:14
yoさん
今度バスに乗るときは、私もガイドさんを選んで、良いお手本で乗ってみたいと思います。確かにワンパターンではない、真のホスピタリティを持ったガイドを目指したいものですね。頑張りましょう!
かお
2008/04/23 09:16
cananese さん
そうですね。まさに反面教師と思い、自分は違うタイプのガイドになれるよう、今から勉強に精を出しておきたいと思います。目標を高くというのも、大事なことですね!
かお
2008/04/23 09:22
かおさん、お久しぶりです。と言ってもこのブログを時々拝見していたので私だけ久しぶりという感じはしないのですが。今回のツアーの件はG...の研修で知り合ってMLを作っている人たちと Hバスのツアーを取るつもりなので 今回のかおさんたちが体験されたことを皆さんにお知らせしました。かおさんにおことりするのが後になってしまいごめんなさいね。私たちはGの研修の講師の方のツアーを取ろうとしているので その点は大丈夫だと思いますが これからの私への反面教師として大変参考になりました。ありがとう。では京都でね〜!
kunico
2008/04/26 13:36
kunicoさん
お久し振りです。研修が近くなってきたので、メールをしようと思っていたところです。
私も今度ツアーにいくことがあれば、ガイドさんをえらんで、良い見本の方に是非乗りたいと思います。
でも、この話題はけっこう話のネタになります。
では、来週末関西研修頑張りましょう!
かお
2008/04/26 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイナミックツアーじゃなくて タイヤリング(tiring)ツアーだった・・・ 通訳案内士or通訳ガイド 酒井の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる