通訳案内士or通訳ガイド 酒井の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ人のツアーでしたから

<<   作成日時 : 2009/05/01 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

先日ご報告した長いツアーは、ドイツ語圏のツアーだったので、ドイツ、スイスからのお客様でした。

話しには聞いていましたが、皆さん集合時間については、こちらがびっくりするくらいキッチリされていました。

私も、遅れては恥ずかしいと思って早めに行くのですが、もう既に来ている方も多かったです。
朝食の場所にいっても、何人も来ていて、早めに余裕をもって行動されています。
私はと言うと、早めにと思いながら、夜も遅かったりでギリギリになってしまって、せっかくの素敵なホテルの朝食も、大急ぎで済ますことがほとんど。。。もったいない。

また、自由行動の後に、決められた集合時間にいない人がいた場合、
自力で帰れる場所の場合は、
『教育的配慮』
といいながら、チームリーダーや他のお客さんが、もう出発しましょう、というのには、驚きました。
私が、私だけもう少し待って、一緒に帰れるようにしましょうか?というと、あなたも来なさい!と命令され、後ろ髪をひかれながら、ホテルに戻りました。
でも、翌日、その親子は、別になんでもなく戻ってきていたようで安心しました。皆さん大人ですからね。
日本人は、甘すぎるのかもしれません。

そんなきっちりしたグループでも、団体行動を乱しがちな人達もいます。
いつも写真ばかりとっていて、説明も聞かずに遅れがちな夫婦。
要求度が高くて、常に不満を訴える夫婦。
バスの中で、ちょっと口論ぽくなっていて焦ったこともありましたが、幸か不幸か私はドイツ語が分からないので、ツアリーダーの方の采配で何とかしていただいたこともありました。
長いツアーなので、いろいろありますよね。

でも、ほとんどの人は、とても良い方々でした。
もっとドイツ語で話しかけてあげられれば良かったです。
もちろん、グーテンモルゲン、ダンケとかビッテとか、簡単なドイツ語は覚えて使いました。
ビス モルゲン、プロスペクト ビッテ なども教えてもらいました。

観光地で喜んでおられた印象のあったのは、温泉での料理ショー(大根のかつら剥き、船盛つくり)とか、京都の祇園ウォーキング、高野山の護摩の祈祷でした。
ちょうど都おどりの時期でもあったので、そちらに行かれた方もいらっしゃいました。

不評っぽかったのは、平等院の鳳凰堂内部。時間が決められていて一斉に50名入場なのですが、日本語の説明が延々と続き、訳して伝えるのは日本語の後にしてくださいと言われていたので、皆さん飽きてしまったようです。
訳す前に皆さん出ていってしまいました・・・
国宝の古い建物なので、寄りかかるなとか、柱に触るなとか、注意も厳しかったですから、それも印象が良くなかったのかも。
外国人の方にこそ、この世界に誇れる国宝の素晴らしさを、伝えたいとも思うのですが。。。

これほど長く、外国のグループと一緒に過ごしたのは初めてでしたが、思ったのは、一生懸命さは伝わるということ。
慣れていない長いツアーだったので、至らないこともあったと思いますが、何事も手抜きしないように一生懸命にやろうと思った点は、見ていてくださったような気がします。
今後は、自信をもってガイディングができるように、知識を身に付け、練習をもっとしておかなければと思っております。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい。
資格を取っただけではなく、ちゃんと「仕事」としてつなげているかおりんさん、尊敬してます。
平等院なんて、日本人でも日本語の説明が延々と続いたら飽きちゃいそうですが、それをぱっと通訳して、文化の違う人たちに説明しなければいけないんですね・・。脱帽。
日本にいながら、海外の人たちの違いに気づくことができるのは、ツアーガイドの醍醐味でもありますね。
また貴重なお話、聞かせて下さい。
ましゃほん
2009/05/02 12:22
あ〜平等院の内部は確かに飽きそう・・
来ない人を置いていくってすごいですねイギリスでバスツアーに参加した時は、罰金取ってましたよ。確かに日本は「お客様」に甘すぎかもね
一生懸命は伝わるかぁ・・ガンバロ
毬子
2009/05/03 12:45
ましゃほんさん
私なんて、まだまだ全然です。。。
まだまだ、勉強が足りなくて、自信ないですし。
でも、他に頑張っているガイドさんを見て、頑張ろうと思っています。

毬子さん
そうなんです。平等院の内部へ行くときは、前もってその意味をきちんと説明しておいたほうが良さそうです。平安の時代、経典に描かれる浄土の楼閣をイメージして作られた優美な建物鳳凰堂。人々が西方にながめられるように、東向きに立てられていること。本尊阿弥陀如来像は、日本の仏像作家を代表する仏師定朝作と確定される唯一の仏像であること、「表現の上でも日本独自の様式、いわゆる和様の完成を見せる点がたいへんに重要です。 頬がまるく張った円満な顔。伏目がちですが意外に大きな眼は拝む者を静かに見つめ、その表情はかぎりないやさしさにあふれています。」(平等院のHPより)などを、もっと分かりやすく説明できれば良かったと思います。
いずれにしても、毎回反省ですね。
かお
2009/05/04 00:36
ドイツ人とのツァーのお話、とても参考になりました。

「一生懸命さは伝わる」と言うかおさんの言葉、励みになりました。というか、今の私にはそれしかないかも?という感じです。
MAYU
2009/05/05 09:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ人のツアーでしたから 通訳案内士or通訳ガイド 酒井の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる